善玉菌を増やし方

善玉菌を増やすには乳酸菌/ビフィズス菌を摂取するだけでは不十分

ここ数年「腸まで届く」というのがまるで合言葉にでもなったかのようにヨーグルトとか乳酸菌サプリが売られていますよね。乳酸菌は健康には良いものですが、胃酸に負けない腸まで生きて届く乳酸菌を摂取しても、その乳酸菌って腸内にそのまま住みつくわけでないことをご存じですか?

乳酸菌やビフィズス菌は仮に生きた状態で腸内に届いても、既に住み着いている善玉菌群に合流して増えるということは残念ながらほぼありません。

それでは乳酸菌を摂取するのは意味が無いのかといえばそういうわけでもないのです。

一般に乳酸菌は体に良いと言われますが、これは別にその乳酸菌が腸内に住み着いてくれるからではなく、乳酸菌を構成している殻の部分が小腸にある免疫細胞が集まった箇所を刺激することで免疫細胞が活性化されることに起因しています。よって乳酸菌が生きているか死んでいるかは大きな問題ではないのです。

人が健康でいられるのは免疫細胞がウィルスやガン細胞を日々退治してくれているからなので、病気を予防するという健康の面だけを見れば乳酸菌を摂ることは非常に意味のあることなのです。

ただ、「腸内の善玉菌を増やす方法」としては乳酸菌だけを摂取しても原理上あまり期待できません。

それでは善玉菌を増やすためにはどうすればよいのか?

腸内善玉菌はこうやれば増える

腸内善玉菌を増やすにはオリゴ糖を摂るとよいです。

なぜかというと腸内に住み着いているビフィズス菌などの善玉菌はオリゴ糖を栄養源にして増加することが分かっているからです。

前述の通り、乳酸菌が生きたまま腸内に到達してもそこで住み着いてくれないので、既に腸内にいる善玉菌に栄養を与えて増やす方が腸内細菌バランスを整える目的としては適しています。

オリゴ糖を摂取するとお腹が張る場合がありますが、これは腸内環境が悪玉菌優勢となっている証拠です。

悪玉菌の一部がオリゴ糖を横取りしてガスを出すためお腹が張るのですが、摂取し続ければやがて善玉菌優勢になっていきますので、そうなればお腹の張りも無くなります。最初お腹が張っても数週間くらいはオリゴ糖を摂取し続けるとよいですよ。

乳酸菌とオリゴ糖を両方摂れるおすすめ乳酸菌サプリ

ビフィーナS
ビフィーナ公式サイトのキャプチャ画像

こちらは17年間乳酸菌サプリの売上シェアNO1という売れ筋の乳酸菌サプリです。
ビフィズス菌とアシドフィルス菌、ガゼリ菌、オリゴ糖が摂れます。 ハイパープロテクトカプセルという独自の腸溶性カプセルにビフィズス菌と乳酸菌を閉じ込めて腸で溶けて作用するため、状態の良いビフィズス菌・乳酸菌を腸まで届けることができるのが強み。
ビフィズス菌の90%が生菌のまま腸まで届けることが可能。生菌がそのまま腸内に定着するわけではないですが、乳酸と酢酸を出して酸性に傾けてくれるため、死菌にはない作用がビフィーナの場合にはあります。

価格 評価 成分
初回2,980円 ロンガム種ビフィズス菌 / アシドフィルス菌 / ガゼリ菌 / オリゴ糖
ビフィーナSの評価

善玉菌を増やすオリゴ糖入りの乳酸菌サプリとしては最もおすすめ。最近、ビオフェルミンなどに含まれるフェカリス菌がビオチン(腸内で作られるビタミンH)を消費してしまい良くないのではと避けられていますが、ビフィーナはビオチン産生をサポートするアシドフィルス菌を配合している点が優れています。また森下仁丹での研究で、腸まで生菌を届けた場合、死菌には見られない作用があるとのこと。口コミでの評価も高く、個別包装で衛生的、味もレモン味でおいしいので一度試してみるとよいかと思います。

→乳酸菌サプリランキング2位以降も見る

乳酸菌についての体験談

甘さ控えめのヤクルト400

昨年の末頃から、風邪の予防のために「ヤクルト400LT」を飲んでいます。 インフルエンザが流行っていて、怖かったからでもありますが、娘は長年「ミルミル」を取っていたので、ついでに頼みました。 その時、インフルエンザに、「なぜ「ヤクルト400」が効くのか」の説明も受けたのですが、ともかく「免疫力が上がる」と言う言葉しか、頭に入っていません。 乳酸菌の力で、腸内菌のバランスを改善するらしい。 よくは分からないけれど、ともかく免疫力が高まれば、「健康にも良いだろう」という短絡的な発想で、今も飲み続けています。 習慣化しましたから、飲まないと落ち着かないようにもなりました。 それでも、甘さは控えめのカロリー30パーセントカットを注文するところが、太ったおばさんの肝心なところですね。

乳酸菌におまかせ

朝起きたらまず、小さい乳酸菌飲料をきゅっと飲みます。 酸っぱさと適度な甘みが口の中を目覚めさせてくれます。 それからプレーンのヨーグルトに、たっぷりパッションフルーツのフルーツソースをかけてかなりの量を食べます。 さらに飲むヨーグルト系を飲むこともあります。 同じような朝食を息子にも勧めているのですが、中々毎日とはいきません。 息子は喘息のアレルギーがあるのですが、腸内を整えていくとアレルギー反応が収まってくると聞きました。 長い目で腸内菌を入れ替えていってほしいなあと思ってます。

乳酸菌の働きは凄い!

乳酸菌は腸内環境を良くすることで今や話題の健康食材です。 腸内の善玉菌を増やして便秘の予防や胃腸の調子を整えるのに毎日取り続けている人が多くいます。 体に良いことが様々ありコレステロールを下げる効果、血圧を良い状態に保つ効果もあります。 何より腸の調子が良いということは、一日中快適に過ごせる基本の体作りに充分働いてくれる大切な食品といえます。 長年ずっと便秘に悩み続けていたのですが、ヨーグルトをはじめ乳酸菌飲料を欠かすこと無く撮り続けている内に毎日快調状態が保てています。 ヨーグルトをはじめ、乳酸菌飲料を欠かすこと無く撮り続けている内に毎日快調状態が保てています。 乳酸菌の大きな力は私の体が証明してくれています。

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

善玉菌の増やし方について

腸の中には様々な菌があります。 特にその菌の中でも大きな役割を果たしている善玉菌と言う菌があります。 それは、便通などを整えると言う役割や身体の調子を整えるなど様々な役割を果たしています。 その様な善玉菌を増やす方法は様々なものがあります。 代表的な方法としては、ヨーグルトや牛乳や乳酸菌飲料などに多く入っていると言われているビフィズス菌と言うものを摂取することによって多くの善玉菌を得ることが出来ると言われています。 また、善玉菌を増やすことによって起こることは多くあり、免疫力を上げることや、コレステロール値を低下させるなどと言う効果があります。 その様な効果が認められているために、近年では薬物での治療が困難であるとされている生活習慣病などの治療の一環として善玉菌を増やすと言うことが多く行われています。 また、悪玉菌と言う善玉菌と反対の効果をもたらす菌は腸内には必ず存在しているものです。 しかし、それが異常に増えてしまうと口臭や免疫力低下や便秘など様々なものの原因となってしまうために、近年では悪玉菌の量を平常に保つために様々な乳酸菌などから善玉菌を適量摂取することが良いとされています。 善玉菌を増やす方法はこの様な方法以外にも様々な方法があり、オリゴ糖や野菜など様々なものから摂取することが出来る食物繊維などを摂ることによっても善玉菌を増やすことが出来る様になっています。 この様に善玉菌を増やす方法は多岐に渡り、近年では簡単に多くの人々が善玉菌を増やすことが出来る様になっています。 その上に、善玉菌を増やすことに特化したサプリメントなども多く販売されているためにその様なものからも手軽に善玉菌のもととなるものを多く摂取することが出来ます。 また、悪玉菌は過度のストレスなどによって増加すると言われているために、その反対行動としてストレスを減らすことによって、自然に善玉菌を増やすことが出来ると言われています。