ビフィーナS

ビフィーナSはビフィーナRを改良し、効果を高めた商品です

ビフィーナSは、歴史と実績ある保健関連企業であり、仁丹で非常に有名な企業である森下仁丹が、17年連続乳酸菌健康食品シェアNo.1を誇るビフィズス菌サプリメント「ビフィーナ」シリーズを改良し、通常品であるビフィーナRから、ビフィズス菌の含有量を大幅に増加させた商品になります。人間の腸には善玉菌と悪玉菌がいますが、ビフィズス菌は善玉菌の一種であり、加齢とともに減少する傾向が見られます。またビフィズス菌は、年齢以外の要素、例えば日常のストレスや食生活の乱れといったことを原因として減少していきます。善玉菌を増やすことは、日々の生活を快適に過ごすための大切なポイントになりますが、ビフィーナSを利用することによってその実現に一歩近づくことができます。なお本商品の配合成分のうち、乳酸菌はビフィズス菌の働きをサポートする機能があり、オリゴ糖はその栄養素となります。また、「ビフィーナ」シリーズを特徴づけるものとして、森下仁丹が独自に開発した技術であるハイパープロテクトカプセルが挙げられますが、これは胃酸に弱いビフィズス菌を生きたまま腸に届けるための技術であり、同社が実施した人工胃液を使った実験では、ハイパープロテクトカプセルに守られていないビフィズス菌の生存率が0.00007%以下とほぼ0%であったことに対し、ハイパープロテクトカプセルに守られたビフィズス菌の生存率は約90%を記録しており、まさに画期的な技術であると言えます。なお、ビフィーナSの原材料には上述の成分の他に、エリスリトール、食用油脂、マルトデキストリン、アシドフィルス菌末、フェーカリス菌末、グリセリン、増粘多糖類、乳化剤、酸味料、微粒酸化ケイ素、pH調整剤、香料、着色料(クチナシ、カロチノイド)、塩化カリウム、塩化カルシムが含まれ、その原材料の一部には大豆、乳成分が含有されていますので、食物アレルギー等の症状がある人は、添付の説明書をよく確認されてからの利用が望ましくなっています。

関連記事