プロディア

サントリーのプロディアで、効率よく乳酸菌を摂取することについて

サントリーのプロディアは、プロテクト乳酸菌を手軽に取り入れることができるサプリメントです。乳酸菌は腸内細菌の善玉菌のひとつで、健康を維持するために欠かせないものです。 腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌があり、これらの生息割合は腸内環境に大きく関係します。健康な状態では、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%の割合です。悪玉菌が善玉菌を上回ると、腸に届いた食べ物は十分に吸収されず腐敗し、やがて有害物質へと変わります。この有害物質は体内に吸収され、様々な健康トラブルの原因となります。主に肌荒れ、倦怠感、動悸、疲れなどです。 最近疲れやすくなった、不調を感じるという場合には、腸内バランスの乱れが原因のひとつである可能性があります。善玉菌が減少する原因には、野菜不足などの不規則な食生活や加齢などが挙げられます。日常の中で積極的に、善玉菌を摂取することが大切です。 そうはいっても、これまでは善玉菌を十分に摂取することは難しいことでした。なぜなら、善玉菌は酸性に弱いものが多く、消化・吸収の工程のなかで死んでしまうことが多かったためです。 そこでサントリーは、1000以上ある乳酸菌のなかでも、特に保護力の高いプロテクト乳酸菌を選び抜きました。さらにこのプロテクト乳酸菌をダブルバリア製法で、保護力を2倍に高めました。ダブルバリア製法とは、プロテクト乳酸菌を厳しい環境で培養することで、細胞壁を厚くする方法のことです。プロテクト乳酸菌にとっては15〜25度が適温ですが、31〜41度の高温にして育てることで、自ら細胞壁を厚くし、より強い細胞を形成します。これによって、消化・吸収の途中で壊れてしまわない「腸までしっかり届く乳酸菌」を生産することが可能になりました。一日3粒飲むことで、効果が期待できます。 このように、健康維持に欠かせない乳酸菌ですが、サントリーのプロディアなら効率よく手軽に摂取することが可能です。

関連記事